葬儀の意味と供養の仕方を知っておこう

葬儀の後どの様に供養するか

最近ではペット葬儀が流行っていると言う話しを良く聴きます。今まで長い間連れ添っていたペットは家族同然の存在ですから、亡くなった時には手厚く葬りたいと言う考えがあっても当然なのかもしれません。そんなペットを火葬する訳ですが、そうなると遺骨が残ります。遺骨の供養の方法には主に2通りがあるんじゃないでしょうか。1つは自宅で供養する物。ペットが亡くなった後でも自宅で身近に感じていたいと言う人もいるでしょうし、そう言う人にとってみれば自宅で保管するのは良い事なのかもしれません。人によってはペット用の祭壇を作って遺骨を置いたり、花を飾ったりして挙げているようですね。勿論豪勢である必要はありませんから、簡単で小さなもので充分だと思います。自宅での供養後に改めて埋葬する事も出来ますし、庭があるならば、其処に埋めると言う方法も出来ると思います。

次にはペット霊園で供養する方法があると思います。最近ではその様な納骨堂を利用する人も多い様ですね。納骨堂には合同と個別がありますから、選択できる良さもあるんじゃないでしょうか。供養塔等を用意し、永代供養してくれるしてくれる所もあります。因みに少しだけ身近に置いておきたいと感じて、写真立てやペンダントなどメモリアルグッズとして作る事も出来るんじゃないでしょうか。葬儀の後に色々辛い気持ちもあるでしょうから、なかなか落ちついて考える事も出来ないかもしれませんから、今の内に葬儀の事やその後の事も考えておいて良いんじゃないでしょうか。