葬儀の意味と供養の仕方を知っておこう

葬儀は亡くなられた方への供養で最後のお別れの時だと思います

亡くなられた方への思いを込めて、感謝や悲しみの思いを胸に秘めて最後のお別れをする儀式が葬儀と言う形で表示されると思います。生前の個人の生活や嗜好等を思い出しながら、好きな物と一緒に火葬等の葬儀を行います。本を読むのが好きな人で有れば愛読書と一緒に火葬を行う事で一緒に黄泉の国へ旅立つ事が出来るとも言われています。少しでも故人が心残りの無い様にして旅立てる様にして差し上げる事が残された者の供養の意味だとも思います。

生前の思い出を胸に故人への感謝を込めて最後のお別れを家族・親族・友人・職場の同僚等の会席者がご焼香していきます。斎場での葬儀の蝋燭と線香の灯りと煙は故人の目に触れるそうです。きっと亡くなられた方も皆に送ってもらい安心して天界へいけるのだと思います。ご焼香の煙は供養でもあり、お坊さんが読まれる読経は旅立ちへのレクイエムで儀式とも言える最後のお別れでも有り、ゆっくり永眠できる事が供養になると思います。

病気・事故等の死亡理由はともかく、最後のお別れの時には苦しみの無い穏やかな顔で眠る事が出来れば故人も良いのではないかなとも思ってしまいます。急な訃報を聴いて葬儀に会席していただけた方にも、辛いばかりの事ですが死亡につながった話等をせざる得ません。出来るだけ故人が現世に未練を残さないで安心して眠る事が出来る様に残された家族も悲しみの気持を引きずらない様にしていくべきだとも思えます。供養には故人が好きだった嗜好品などをご霊前に供えて差し上げる等の配慮も必要になります。