葬儀の意味と供養の仕方を知っておこう

葬儀後の供養の方法とは

なくなられた方を痛むために供養する方法として、葬儀の跡に法要が営まれます。たとえば、どのようなものがあるのか具体的に説明しますと、仏教の場合にはなくなってから七日目に初七日、その後四十九日を経て、百箇日法要となります。なお、なぜ四十九日かというと七日を七回重ねた日にちだという説があります。基本的にご親戚であれば四十九日の法要に出席したほうがいいといえますが、それ以外の場合には返って遺族の方に請われない場合には出席を見送ることも選択肢の一つと言えます。その後は一周忌三回忌、ときて、最終的に三十三回忌である程度の一区切りになると考えられています。自分達でどのようになくなられた方を悼むのかは、その人によりますが、親しい方が仏教の場合に備えておくことも必要です。

また、神道では10日ごとに法要を営み、五十日で最終的に四十九日と同じような働きになると考えられます。基本的に神道では10日を一区切りとして考えていることが多いので、確認しておくことも大切なポイントであるといえます。また、キリスト教では宗派によって異なりますが、イエスキリストの復活劇になぞらえて、三日目にミサを開く場合もあります。基本的に七日目のミサを営むのが一般的ですので、親しい方の宗教に合わせて法要について考えておくことも大切なポイントであるといえます。なくなられた方がどのような宗派を拝んでいたのか、どのようなものを適切に拝むことにしているのかを判断することによって、その宗派にあわせて法要の出席についても判断している人もいます。