葬儀の意味と供養の仕方を知っておこう

葬儀の供養のやり方は周囲の意見にも配慮して決めよう

葬儀をするときには大概は何らかの形で供養が行われます。しかしながらその供養が簡単なようで実は難しいのであります。なぜならば供養のやり方にはこれといった厳密な手順や規定などはないからであります。言い換えれば絶対的な正解はないのであります。そんな絶対的な正解がない供養のやり方ですが、しかしながらだったら正解がないのであれば何をやっても間違いなのかと言えばそうとも限りませんし、逆に間違いでないならば何をやっても正解なのかといえばそうとも言い切れないのであります。これはなんとも歯切れの悪い答えでありますが、だからこそ供養のやり方は難しいのです。

そんな葬儀で行われる絶対的な答えがない供養のやり方ですが、なんでこんなあいまいな答えになるかと言いますと、それは人ぞれぞれによって考えることが異なるからであります。その葬儀の場に出席する人はご遺族とお寺のお坊さんと葬儀社のスタッフといますが、これがまたそれぞれ考え方が微妙に違うので供え方に苦労をするのです。しかしながらここで気を付けないとならないのはお互いに考えが微妙に違うからと言って自分の意見を主張しすぎないようにしないとならないということであります。この場はあくまでも故人の最期のお別れの挨拶の場なのであります。主役は動かないししゃべらないけど故人であって、ご遺族やお寺のお坊さんや葬儀社のスタッフではないのです。その場で主役の故人の人を差し置いて論争をしていたのではせっかくの場を台無しにしてしまうのです。なのでこの場では周囲の調和に配慮しながらやり方を決めていかないとならないのであります。