葬儀の意味と供養の仕方を知っておこう

最近主流の葬儀の仕方と供養の仕方

最近は葬儀も家族葬等の身内のみで行う簡単な葬儀が主流になっています。それと同時にその後の供養の仕方も変わってきているそうです。以前テレビのニュース番組で将来自分の墓を持つか、というアンケートを行っていました。回答は親族の墓に入る、自分で墓を買う、永年供養して貰う等でしたが、一番多い答えが永年供養して貰うという答えでした。最近は葬儀もそうですが、残った家族に迷惑をかけたくないと思い方が多く、将来墓の管理をするのは大変だからとそういう風に思われる方が多いようです。

そして今は晩婚化や、結婚をしない人の増加に加え少子化なので、将来墓を管理する人がいなくなるという可能性が高いという事も考える方が多いようです。私の実家の父、母親も永年供養で良いと言っています。私も兄弟も実家を出て遠い所に住んでいる為に将来墓を管理する人はいなくなると思います。そして父親が次男なので、今まで親族の墓の管理をしてくる習慣が無かったという事も有り、親はそのように考えているようです。

高齢化社会で少子化の今、今有る墓も将来管理する人が居なくなるという所が沢山出てくると思います。今の方は永年供養という形を取られる方が増えてきますが、昔から有る墓はそのまま放置されてしまう事になってしまいます。そういう事も含めて墓の管理については考えていかない課題なのだと思います。私自身は、主人が長男で主人の親族の墓に入ると言われていますが、私達の老後は墓の事は先の事を考えておかないといけないと思います。死後の事を考えるのはとても難しい事ですが、自分の家族に迷惑をかけないように、対策を考えたいです。